手話対策部

手話通訳養成、川通団とのパイプ、センターとの情報の共有を図り、以下の課題に取り組んでいきたい。

・全国養成講師連続講座の呼びかけを強化したい。
・ろう者指導者のレベルアップのために、各区協会とサークルの指導者を引っ張っていきたい。
・各区協会とサークルのパイプを図っていきたい。
・川通団との情報の共有を深めていきたい。
・医療手話通訳に関する取り組みを実施していきたい。